ブライアン・セッツァー・オーケストラ  ダーティー・ブギー

e0013620_1142552.jpg
e0013620_11423062.jpg


The Dirty Boogie
The Brian Setzer Orchestra
CD(1998年) Interscope Records

自分がやりたい音楽が見えてきたのかなと
勝手に思って、よく聴いてます。

ここまでくるのに、もがいていたんだろうなと
思わせるすばらしいできばえのアルバム。

私も待ってました。

エルビス・プレスリーに代表されるロカビリーの原点である
ギター、ウッド・ベース、ドラムという構成をベースに
フォーンを気持ちよく適度に挿入していく
そんな感じのご機嫌なアルバムとなってます。

ロカビリー系の音楽を特長付けているウッドベースの
スラッピング奏法(弦をつまんではじく)を思いっきり前面に
押し出しているのでとても気持ちよいです。

いままでのアルバムは、ジャズのカウント・ベイシーの
ビッグ・バンドのようなおとなしいベースでした。
セッツァー音楽はこうありたいものです。

1981年デビュー当時の振り返りもあるのか
08.Rock This Town
もすてきなアレンジですし、
03.This Old House
も、同時代イギリスでヒットしたシェイキン・スティーブンスの
ヒット曲までアルバムに収めていることがステキです。

あとは、このスタイルでどこまでレパートリーを増やしてくれるのか
楽しみです。


01.This Cat's On A Hot Tin Roof
02.Dirty Boogie
03.This Old House
04.Let's Live It Up
05.Sleepwalk
06.Jump Jive An' Wail
07.You're The Boss
08.Rock This Town
09.Since I Don't Have You
10.Switchblade 327
11.Nosey Joe
12.Hollywood Nocturne
13.As Long As I'm Singin'
[PR]
by christmas1956 | 2005-07-27 00:17 | Brian Setzer