マイブーム(The Girl From Ipanema)-24-(Lisa Wahlandt) 1999 ★★★★

e0013620_2371526.jpg
e0013620_237299.jpg


1999
Lisa Wahlandt (vo) & Mulo Francel (ts)
Plays The Music Of Stan Getz & Astrud Gilberto (Mind Games)
GLM Musik (Made In Germany)

01. Agua De Beber (04:26)
02. So Danco Samba (01:51)
03. Telephone Song (02:37)
04. No One Like You (03:42)
05. Corcovado (03:27)
06. Orfeo Negro (03:39)
07. O Pato (01:44)
08. Paixao (05:10)
09. Dindi (04:21)
10. Voce E Eu (01:55)
11. Bim Bom (03:03)
12. E Luxo So (05:06)
13. How Insensitive (07:17)
14. The Girl From Ipanema (04:30)
15. Agua De Beber (01:11)

Personnel
Lisa Wahlandt (vo)
Mulo Francel (ts)
Knud Mensing (g)
Robert Kainar (per)
Csaba Schmitz (ds)
D. D. Lowka (b)
録音 1999年1月 Realistic Sound, Munich, Germany

リサ・ワーラン (vo) & ミュロ・フランセル (ts) です。
アーティストについて、詳しくありません。

リサ・ワーラン (vo) は、ドイツのBavaria(ババリア)生れ。
ミュロ・フランセル (ts) は、ドイツのMunchen(ミュンヘン)生れ。

ステキなジャズ・ボッサのアルバムです。
アルバム・タイトル通り、スタン・ゲッツ&アストラッド・ジルベルトの
ステキなジャズ・ボッサをストレートに表現したアルバムで、
少々荒削りなところもありますが、新鮮でステキです。

ボサノヴァのアルバムとして、これは、ファースト・アルバム。
2002年に、ボサノヴァのセカンド。こなれてきたアルバムです。
2008年に、ボサノバのサードをリリース。円熟したヴォーカルとサックスですが、
オリジナル曲やドイツ語の曲が多く、少々残念です。
昨年あたりにこのファーストの選曲でリリースしたら、とっても素晴らしいアルバムに
なったのではと思います。

アーティスト・サイトは、
http://www.lisa-wahlandt.com/
http://www.mulofrancel.de/
です。

14. The Girl From Ipanema (04:30)
は、オーソドックスなアレンジで、安心して聴けます。
英語でヴォーカルです。ヴォーカルとテナー・サックスのからみもステキです。
名演のスタン・ゲッツ&アストラッド・ジルベルトの曲に引きずられることなく、
オリジナリティがあり、古臭くないのが良いです。

Garota De Ipanema (ポルトガル語)
The Girl From Ipanema (英語)
The Boy From Ipanema (英語) (女性ヴォーカル)
イパネマの娘 (少年)
[PR]
by christmas1956 | 2009-09-01 00:01 | Ipanema