<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ストーケロ・ローゼンバーグ・トリオ 銀座王子ホール 2/27(水) その2

「ストーケロ・ローゼンバーグ・トリオ with ティム・クリップハウス」
銀座の王子ホールにいってきました。

e0013620_2157406.jpg


当日、配布されたパンフレット

e0013620_040945.jpg


e0013620_0401719.jpg


メンバーは、
●ストーケロ・ローゼンバーグ(リード・ギター)(オランダ出身)
●モゼス・ローゼンバーグ(リズム&リード・ギター)(オランダ出身)
●ジョエル・ロッヒャー(ベース)(ドイツ出身)
●ティム・クリップハウス(ヴァイオリン)(オランダ出身)


共演したアルバム『ステファン・グラッペリへ捧ぐ』

e0013620_0423220.jpg


Tribute To Stephane Grappelli
The Rosenberg Trio & Tim Kliphuis

01. R-Vingt-Six
02. My Melancholy Baby
03. Micro
04 Si tu Savais
05. Eveline
06. What Am I here for
07. You are the sunshine of my life
08. Liza
09. Time on my hands
10. How high the moon
11. Nuages
12. I got rhythm
13. I surrender dear
14. Ol' Man River
15. Diminishing


今日、演奏された曲目(王子ホール・トピックスより引用しました)
01. Douce Ambiance (Django Reinhardt)
02. Double Jeu (Stochelo Rosenberg)
03. Relaxin' at Camarillo (Charlie Parker)
04. After You've Gone (Turner Layton)
05. Si tu savais (Georges Ulmer)
06. For Sephora (Stochelo Rosenberg)
07. Micro (Django Reinhardt & Stephane Grappelli)
08. In a Sentimental Mood (Duke Ellington)
09. Blues for Burnie (Stochelo Rosenberg)
10. Tim Kliphuis Solo
11. How High the Moon (Morgan Lewis)
12. R-26 (Django Reinhardt & Stephane Grappelli)
13. Nuages (Django Reinhardt)
14. Coquette (Johnny Green & Carmen Lombardo)
15. Pent up House (Sonny Rollins)

【アンコール】
16. Les Yeux Noirs (Russian Trad.)
17. Minor Swing (Django Reinhardt)


1曲目から、素晴らしい演奏でした。
最初は、トリオ演奏。途中から、ティム・クリップハウスが加わり、盛り上がり。

PAのない生音で聴けましたので、感動しました。

印象深い演奏は、
13. Nuages (Django Reinhardt)
でした。

今週末には、追加公演が、めぐろパーシモンホールで開催されるそうです。

e0013620_184039.jpg


e0013620_184792.jpg



Rosenberg Trio & Tim Kliphuis - R-Vingt-Six



The Rosenberg Trio & Tim Kliphuis - R Vingt-Six (R-26)

[PR]
by christmas1956 | 2013-02-28 01:11 | Gypsy jazz

ストーケロ・ローゼンバーグ・トリオ 銀座王子ホール 2/27(水) その1

「ストーケロ・ローゼンバーグ・トリオ with ティム・クリップハウス」
というコンサートがあり、銀座の王子ホールにいってきました。

PAのないアコースティック・コンサートで、素晴らしい演奏を堪能しました。
生音で聴けるのは、感動しますね。

メンバーは、
●ストーケロ・ローゼンバーグ(リード・ギター)(オランダ出身)Stochelo Rosenberg (Lead Guitar)
●モゼス・ローゼンバーグ(リズム&リード・ギター)(オランダ出身)Mozes Rosenberg (Rhythm & Lead Guitar)
●ジョエル・ロッヒャー(ベース)(ドイツ出身)Joel Locher (Double Bass)
●ティム・クリップハウス(ヴァイオリン)(オランダ出身)Tim Kliphuis (Violin)

ジャズ・ヴァイオリニストのティム・クリップハウスは、
アルバム『ステファン・グラッペリへ捧ぐ』で共演したアーティスト。


全曲、熱のこもった演奏をされてて、相当汗をかかれてましたので、感動します。
演奏中、ストーケロ・ローゼンバーグが、ギターのピックを落としてしまったのは、
驚きましたが、その後も落ち着いて演奏されてたのは、すばらしい。
ピックは、オランダのWegen(ウェーゲン)でしょうか。

e0013620_1461893.jpg


コンサート終了後、サイン会が開催され、長い列となりました。

e0013620_1465840.jpg


e0013620_1471741.jpg


e0013620_1472685.jpg



Tim Kliphuis guesting with The Rosenberg Trio - Micro



Trio Rosenberg & Tim Kliphuis - Minor Swing



The Rosenberg Trio & Tim Kliphuis - After You've Gone

[PR]
by christmas1956 | 2013-02-27 23:54 | Gypsy jazz

エルヴィス・プレスリー好き クリスマス・ソングも好き


by christmas1956
プロフィールを見る