e0013620_120690.jpg
e0013620_1201989.jpg


2000
Nara Leao (vo,g)
Best Of Nara Leao
Universal (Made In Japan)

01. Alem Do Arco-Iris (Over The Rainbow) (虹の彼方に) (04:14)
02. Desafinado (ジサフィナード) (02:51)
03. Samba De uma Nota So (ワン・ノート・サンバ) (02:10)
04. Manha Do Carnaval (黒いオルフェ) (04:02)
05. Agua De Beber (おいしい水) (04:05)
06. O Que Sera (ウ・キ・セラ) (03:58)
07. Saudades De Voce (あの日からサウダージ) (04:04)
08. Por Causa De Voce (あなたのせいで) (03:54)
09. Felicidade (フェリシダージ) (03:41)
10. Um Sonho De Verao (Moonlight Serenade) (ムーンライト・セレナーデ) (05:28)
11. Voce E Eu (あなたと私) (03:18)
12. Wave (ウェイヴ) (03:33)
13. Garota De Ipanema (イパネマの娘) (02:24)
14. Chega De Saudade (想いあふれて) (02:04)
15. Corcovado (コルコヴァード) (02:37)
16. Aqui No Mesmo Bar (As Time Goes By) (アズ・タイム・ゴーズ・バイ) (03:19)
17. Meditacao (メディテーション) (02:19)
18. O Barquinho (小舟) (03:09)
19. Outra Vez (もう一度) (03:22)

Personnel
Nara Leao (vo,g)
Greatest Hits Compilation For Japan

ナラ・レオン (vo,g) です。
アーティストについて、詳しくありません。

ナラ・レオンの歌う曲の中からボサノヴァ・タッチの曲を集めたベスト盤です。

前日のブラジル版のベスト・アルバムに比較して
選曲がほとんど異なってます。

「日本人が思うボサノヴァ」タッチの曲ばかり集めています。
聴き流すには、ブラジル版ベストより、こちらが当然良いと思います。

13. Garota De Ipanema (イパネマの娘)
は、ブラジル版ベストと同じ曲です。1971年録音。
ステキな声質のポルトガル語です。

Garota De Ipanema (ポルトガル語)
The Girl From Ipanema (英語)
The Boy From Ipanema (英語) (女性ヴォーカル)
イパネマの娘 (少年)
[PR]
by christmas1956 | 2009-07-18 01:13 | Ipanema

e0013620_23243950.jpg
e0013620_23245818.jpg


1998
Nara Leao (vo,g)
Com Acucar E Com Afeto
Universal (Made In Brazil)

01. Telefone Com Ceu Da Boca (03:10)
02. Com Acucar E Com Afeto (03:45)
03. Carolina (02:50)
04. Opiniao (02:33)
05. O Barquinho (Little Boats) (03:08)
06. Debaixo Dos Caracois Dos (03:06)
07. Wave (03:28)
08. A Rita (01:53)
09. Acender As Velas (02:08)
10. Camisa Amarela (02:46)
11. Diz Que Fui Por Ai (02:05)
12. Tristeza De Nos Dois (02:52)
13. Banda (02:13)
14. Garota De Ipanema (Girl From Ipanema) (02:20)

Personnel
Nara Leao (vo,g)
Greatest Hits Compilation

ナラ・レオン (vo,g) です。
アーティストについて、詳しくありません。

ナラ・レオンのベスト・アルバムです。
曲ごとに雰囲気が異なります。ステキなアルバムです。
選曲は、日本盤とずいぶん異なります。
ボサノヴァのベスト盤というより、ナラ・レオンのベスト盤という感じです。

14. Garota De Ipanema (Girl From Ipanema)
は、テンポよく、ステキなヴォーカルです。1971年録音。
ポルトガル語です。
前日取り上げた1985年録音より、メリハリが効いててステキです。

Garota De Ipanema (ポルトガル語)
The Girl From Ipanema (英語)
The Boy From Ipanema (英語) (女性ヴォーカル)
イパネマの娘 (少年)
[PR]
by christmas1956 | 2009-07-17 00:09 | Ipanema

e0013620_2213978.jpg
e0013620_22133355.jpg


1989(1986)
Nara Leao (vo,g)
Garota De Ipanema (Girl From Ipanema)
Philips (Made In Brazil)

01. O Barquinho (Little Boats) (03:10)
02. Garota De Ipanema (Girl From Ipanema) (03:58)
03. Berimbau (03:40)
04. Desafinado (03:18)
05. Wave (03:21)
06. Corcovado (02:56)
07. Aguas De Marco (Waters Of March) (03:12)
08. Felicidade (03:42)
09. Manha Do Carnaval (Morning Of The Carnival ) (04:03)
10. Chega De Saudade (03:51)
11. Meditacao (03:06)
12. Samba De Uma Nota So (One Note Samba) (02:39)
13. Agua De Beber (04:06)
14. Voce E Eu (You and I) (01:56)
15. Samba Do Aviao (02:31)
16. O Que Sera (04:00)

Personnel
Nara Leao (vo,g)
Roberto Menescal (g,arr)
Beto Cazes (per)
Tomohiro Yahiro (per)
Kazuo Yoshida (ds)
Beniske Sakai (b)
録音 1985年6月20,21,26日 Aoyama.Onkyo,Tokyo,Japan

ナラ・レオン (vo,g) です。
アーティストについて、詳しくありません。

ブラジル生れ。(1942年1月19日~1989年6 月7日) (47歳)
10代でホベルト・メネスカルやカルロス・リラからギター(ヴィオラォン)のレッスンを受けたそうです。
ボサノヴァ50年の歴史のはじまりあたりから知られた方だったそうです。
はやく他界されてとても残念なアーティストです。

このアルバムは、1985年に来日した際に、日本で録音されたアルバムで、
同行したギターのホベルト・メネスカルが、プロデュース、演奏しています。

シンプルなアレンジで、ナラ・レオンのステキなヴォーカルが堪能できます。
ボサノヴァの名曲ばかりで、聴き流しには、最高の1枚だと思います。

02. Garota De Ipanema (Girl From Ipanema)
は、すこしゆったりめのテンポで、シンプルな弾き語りのステキなヴォーカルです。
間奏は、エレアコ・ギターがリードします。
当然ですが、ポルトガル語です。

Garota De Ipanema (ポルトガル語)
The Girl From Ipanema (英語)
The Boy From Ipanema (英語) (女性ヴォーカル)
イパネマの娘 (少年)
[PR]
by christmas1956 | 2009-07-16 00:02 | Ipanema

e0013620_3333239.jpg
e0013620_3334561.jpg


2003
Eliane Elias
Brazilian Classics
Blue Note Records (Capitol Records)

01. Passarim (05:11)
02. Chega De Saudade (03:50)
03. Carioca Nights (Noites Cariocas) (05:09)
04. Garota De Ipanema (03:53)
05. Milton Nascimento Medley (07:50)
06. Waters Of March / Agua De Beber (04:46)
07. One Note Samba (04:25)
08. Crystal And Lace (04:13)
09. Jazz 'N' Samba (So Danco Samba) (02:07)
10. Brazil (Aquarela Do Brasil) (04:59)
11. Iluminados (03:10)
12. Jet Samba (Samba Do Aviao) (05:14)
13. Wave (03:45)
14. Black Orpheus (Manha De Carnaval) (06:40)
15. Dindi (05:46)
16. O Polichinelo (Clown) (01:38)

Personnel : 04. Garota De Ipanema
Eliane Elias (vo, p) (イリアーヌ・イリアス)
Michael Brecker (ts) (マイケル・ブレッカー)
Oscar Castro Neves (g) (オスカー・カストロ・ネヴィス)
Marc Johnson (b) (マーク・ジョンソン)
Paulo Braga (ds) (パウロ・ブラガ)
録音 1997年 Avatar Studios, New York

イリアーヌ・イリアスです。
アーティストについて、詳しくありません。

このアルバムは、イリアーヌ・イリアスのベスト盤です。
ブラジル生れの幅広い音楽性をもつイリアーヌ・イリアスという
女性アーティストのすべてを1枚のCDで表現しようとした企画のようですが、
彼女の幅の広さが大きすぎて、おさまりの効かないてんこ盛りになってしまった感が
あります。
やはり、アルバムごとに彼女の音楽を聴くのが正統な聴き方かもしれません。

ここで取り上げたのは、「イパネマの娘」を聴くためですが、
前日のアルバムと同じトラックです。
ヴォーカルのボサノヴァ・アルバムを聴くのでしたら、前日のアルバムが良いのですが、
何故かこのベスト盤は、音圧が高くて、聴きやすいのです。

2曲目の Chega De Saudade のようなステキなギターをバックに歌うトラックも同様に、
音圧の高いこのCDの音が、気持良いので、取り上げました。

それにしても、このベスト盤は、1曲ごとに微妙に雰囲気が異なり、不思議です。
5曲目は、幼いお嬢さんのアマンダ・ブレッカーが歌ってますし、
ヴォーカルのないトラックは、多くの偉大なピアニストの影響が感じられますし、
16曲目は、クラシック・ピアニストのお母さんに捧げた曲の感じがします。

個人的には、「遠く離れたブラジルに住むご両親や親戚に捧げたアルバムで、
クラシックを去り、ジャズに傾倒しましたが、故郷のブラジル音楽も忘れず、
私は今も頑張っています。」というメッセージを感じると勝手に思い込み
ステキなアルバムとしてとらえています。
このアルバムからイリアーヌ・イリアスに入ると、違和感があると思います。

Garota De Ipanema (ポルトガル語)
The Girl From Ipanema (英語)
The Boy From Ipanema (英語) (女性ヴォーカル)
イパネマの娘 (少年)
[PR]
by christmas1956 | 2009-07-15 00:06 | Ipanema

e0013620_154442.jpg
e0013620_1545427.jpg


1998
Eliane Elias (vo,p)
Sings Jobim (海風とジョビンの午後)
Blue Note Records (Somethin' Else Records) (Capitol Records)

01. Garota De Ipanema (03:53)
02. Samba De Uma Nota So (03:02)
03. So Danco Samba (02:07)
04. Ela E Carioca (03:00)
05. Anos Dourados (02:45)
06. Desafinado (03:23)
07. Falando De Amor (03:05)
08. Samba Do Aviao (03:00)
09. A Felicidade (04:01)
10. Por Toda A Minha Vida (02:51)
11. How Insensitive (02:55)
12. Esquecendo Voce (04:15)
13. Pois E (01:35)
14. Amor Em Paz (04:42)
15. Modinha (02:24)
16. Caminhos Cruzados (04:01)

Personnel
Eliane Elias (vo, p) (イリアーヌ・イリアス)
Michael Brecker (ts) (マイケル・ブレッカー)
Oscar Castro Neves (g) (オスカー・カストロ・ネヴィス)
Marc Johnson (b) (マーク・ジョンソン)
Paulo Braga (ds) (パウロ・ブラガ)
Cafe (per) (カフェ)
録音 1997年 Avatar Studios, New York

イリアーヌ・イリアスです。
アーティストについて、詳しくありません。

ステキな女性ヴォーカルのボサノヴァ・アルバムです。
全曲、ヴォーカル曲で、抑え目のヴォーカルがとてもステキです。

テナーのマイケル・ブレッカーは、同じようにもう少し控え目で演奏してほしかったですが、
ステキな演奏です。

09. A Felicidade (04:01)
は、background vocals として、娘さんの Amanda Brecker も参加しています。

01. Garota De Ipanema
は、テナーサックスのイントロから始まり、ステキなヴォーカルに続きます。
ポルトガル語で歌うイパネマの娘は、ステキです。
ヴォーカルにからむテナーのオブリガートは、少々うるさい感じです。

Garota De Ipanema (ポルトガル語)
The Girl From Ipanema (英語)
The Boy From Ipanema (英語) (女性ヴォーカル)
イパネマの娘 (少年)
[PR]
by christmas1956 | 2009-07-14 00:04 | Ipanema

e0013620_3185888.jpg
e0013620_319921.jpg


2009(2008)
Eliane Elias (vo,p)
Bossa Nova Stories (私のボサ・ノヴァ)
Blue Note Records (Somethin' Else Records) (EMI Music Japan)

01. The Girl From Ipanema (5:21)
02. Chega De Saudade (3:22)
03. The More I See You (4:13)
04. They Can't Take That Away From Me (3:47)
05. Desafinado (4:27)
06. Estate (Summer) (5:20)
07. Day In Day Out (4:21)
08. I'm Not Alone (Who Loves You?) (4:50)
09. Too Marvelous For Words (3:55)
10. Superwoman (3:39)
11. Falsa Baiana (4:01)
12. Minha Saudade (2:11)
13. A Ra (The Frog) (4:14)
14. Day By Day (5:27)

Personnel
Eliane Elias (vo, p) (イリアーヌ・イリアス)
Marc Johnson (b) (マーク・ジョンソン)
Oscar Castro Neves(g) (オスカー・カストロ・ネヴィス)
Paulo Braga (ds, Perc) (パウロ・ブラガ)
Ricardo Vogt (g) (リカルド・ヴォート)
Toots Thielemans (harm) (トゥーツ・シールマンス)
Ivan Lins (vo) (イヴァン・リンス)

録音 2008年 Avatar Studios, New York

イリアーヌ・イリアスです。
アーティストについて、詳しくありません。

1960年、ブラジル・サンパウロ生れの女性ヴォーカル、ジャズ・ピアニストです。
1983年、トランペッターのランディ・ブレッカー (Randy Brecker) と結婚。その後離婚。

娘のアマンダ・ブレッカー(Amanda Brecker)は、今年2009年6月に、セカンドアルバム、
ブラジリアン・パッション(Brazilian Passion)というボサノヴァ・アルバムをリリースしています。
残念ですが、このアルバムには、「イパネマの娘(少年)」は、選曲されていません。

イリアーヌ・イリアスは、現在、ベーシストのマーク・ジョンソン (Marc Johnson)と結婚。
マーク・ジョンソンは、ビル・エヴァンス(p)の最後のメンバー。
イリアーヌ・イリアスのビル・エヴァンスのトリビュート・アルバムにも共演しています。

このアルバム、Bossa Nova Stories (私のボサ・ノヴァ)は、とてもステキです。
全曲、ヴォーカル曲で、英語とポルトガル語を使い分けてて、ステキなアルバムです。

01. The Girl From Ipanema (5:21)
は、ストリングスも交え、ステキなアレンジで、軽快にヴォーカルします。
歌いだしの英語からポルトガル語へとスムースに流れ、ベストな1曲です。

Garota De Ipanema (ポルトガル語)
The Girl From Ipanema (英語)
The Boy From Ipanema (英語) (女性ヴォーカル)
イパネマの娘 (少年)
[PR]
by christmas1956 | 2009-07-13 00:09 | Ipanema

e0013620_117133.jpg
e0013620_1173867.jpg


2009
Diana Krall (vo,p)
Quiet Nights
Universal Music (Verve Music)

01. Where Or When (04:09)
02. Too Marvelous For Words (04:03)
03. I've Grown Accustomed To His Face (04:46)
04. The Boy From Ipanema (04:52)
05. Walk On By (05:01)
06. You're My Thrill (05:47)
07. Este Seu Olhar (02:45)
08. So Nice (03:50)
09. Quiet Nights (04:45)
10. Guess I'll Hang My Tears Out To Dry (04:49)
11. How Can I Mend A Broken Heart (04:28)
12. Every Time We Say Goodbye (05:19)

Personnel
Diana Krall (vo,p) (ダイアナ・クラール)
Anthony Wilson (g) (アンソニー・ウィルソン)
John Clayton (b) (ジョン・クレイトン)
Jeff Hamilton (ds) (ジェフ・ハミルトン)

録音 2008年 Capital Studios, Hollywood

ダイアナ・クラール (vo,p) です。
アーティストについて、詳しくありません。

1964年、カナダ生れの女性ヴォーカル、ジャズ・ピアニストです。
2003年、エルヴィス・コステロ (Elvis Costello) (イギリス生れ)と結婚。

ハスキーなヴォーカルに、シンプルなピアノは、ボサノヴァにお似合いです。
DVDと同様に楽しめます。ステキなボサノヴァ・アルバムです。

04. The Boy From Ipanema
は、語るようなヴォーカルとストリングスのアレンジもステキな曲です。
間奏のピアノのアドリブも、シンプルでステキです。

Garota De Ipanema (ポルトガル語)
The Girl From Ipanema (英語)
The Boy From Ipanema (英語) (女性ヴォーカル)
イパネマの娘 (少年)
[PR]
by christmas1956 | 2009-07-12 00:05 | Ipanema

e0013620_081320.jpg
e0013620_08245.jpg


2000
Rosemary Clooney (vo) With John Pizzarelli (vo,g)
Brazil
Concord Records

01. Brazil
02. Corcovado (Quiet Nights)
03. The Boy From Ipanema (Duet Vocal With Diana Krall)
04. Wave (Duet Vocal With John Pizzarelli)
05. Once I Loved
06. Desafinado
07. I Concentrate On You
08. One Note Samba
09. How Insensitive
10. Let Go (Duet Vocal With John Pizzarelli)
11. Dindi (Vocals, John Pizzarelli)
12. Waters Of March (Duet Vocal With John Pizzarelli)
13. Meditation
14. Sweet Happy Life
15. A Day In The Life Of A Fool
16. Brazil (Reprise)

Personnel: (03. The Boy From Ipanema)
Rosemary Clooney (vo)
Diana Krall (vo,p)
Oscar Castro-Neves (g)
Chuck Berghofer (b)
John Ferraro (ds)

録音日 1999年3月15~18,25日 Los Angeles

ローズマリー・クルーニー (vo) です。
アーティストについて、詳しくありません。

アメリカ・ケンタッキー生れ。(1928年5月23日~2002年6月29日) (74歳)

大人のボサノヴァ・ヴォーカルを聴かせてくれます。
ギター、ヴォーカルのジョン・ピザレリが積極的に参加し、
ステキなボサノヴァ・アルバムになってます。
特に、ジョンとのデュエット曲は、ステキです。

ジョン・ピザレリは、自身でもボサノヴァ・アルバムをリリースしてます。
こちらもステキなアルバムですので、後日、取り上げたいと思います。

ここでは、ベテラン、ローズマリー・クルーニーの2000年リリース・アルバムに
ダイアナ・クラールがヴォーカル、ピアノで参加していますので、取り上げました。

03. The Boy From Ipanema (Duet Vocal With Diana Krall)
は、ステキなデュエットです。
ジョン・ピザレリは、参加せず、シンプルな演奏で、2人のヴォーカルが引き立ちます。
間奏は、シンプルなダイアナ・クラールのピアノがステキです。

Garota De Ipanema (ポルトガル語)
The Girl From Ipanema (英語)
The Boy From Ipanema (英語) (女性ヴォーカル)
イパネマの娘 (少年)
[PR]
by christmas1956 | 2009-07-11 00:02 | Ipanema

e0013620_2343180.jpg
e0013620_2344780.jpg


2009
Diana Krall (vo,p)
Live In Rio (DVD)
ヤマハ・アトス・ミュージック・アンド・ビジュアルズ (ビクタークリエイティブメディア) (Japan)

01. I Love Being Here With You
02. Let's Fall In Love
03. Where Or When
04. Too Marvelous For Words
05. I've Grown Accustomed To His Face
06. Walk On By
07. Frim Fram Sauce
08. Cheek To Cheek
09. You're My Thrill
10. Let's Face The Music And Dance
11. Every Time We Say Goodbye
12. So Nice
13. Quiet Nights
14. Este Seu Olhar
15. The Boy From Ipanema
16. I Don't Know Enough About You
17. S'wonderful
18. Exactly Like You

(Bonus Features)
01. Conversations (Interviews)
02. Promotional Film - The Boy From Ipanema
03. Rooftop Session (With Carlos Lyra)

Personnel
Diana Krall (vo,p) (ダイアナ・クラール)
Anthony Wilson (g) (アンソニー・ウィルソン)
John Clayton (b) (ジョン・クレイトン)
Jeff Hamilton (ds) (ジェフ・ハミルトン)
Paulinho Da Costa (Per) (ポーリニョ・ダ・コスタ)
ライヴ録音 2008年11月 (Rio De Janeiro)

ダイアナ・クラールです。
アーティストについて、詳しくありません。

カナダ出身のジャズ・ピアニスト、ヴォーカリストです。
ボサノヴァの聖地といわれるリオ・デ・ジャネイロでのライヴ映像です。

12曲目から、ボサノヴァの名曲を歌いはじめ、観客から拍手喝采で、ステキなライヴです。

15. The Boy From Ipanema
は、ダイアナ・クラールが英語で歌いますが、
途中から観客が、ポルトガル語で歌い、現地のライヴらしいステキな雰囲気です。

「イパネマの娘(少年)」は、
ブラジルのアントニオ・カルロス・ジョビン (Antonio Carlos Jobim) (1927-1-25 - 1994-12-8)
が1962年に作曲したボサノヴァの名曲です。
トム・ジョビン (Tom Jobim) とも呼ばれています。

作詞は、
ポルトガル語は、ヴィニシウス・ヂ・モライス (Vinicius De Moraes)、
英語詞は、ノーマン・ギンベル (Norman Gimbel)です。

Garota De Ipanema (ポルトガル語)
The Girl From Ipanema (英語)
The Boy From Ipanema (英語) (女性ヴォーカル)
イパネマの娘 (少年)

有名な録音は、1963年にアストラッド・ジルベルトが英語詞で歌った曲。
スタン・ゲッツ、ジョアン・ジルベルト(元夫)、アントニオ・カルロス・ジョビンが共演。

私が聴いた「イパネマの娘(少年)」の中で、ステキなアーティストを取り上げてみます。
[PR]
by christmas1956 | 2009-07-10 00:08 | Ipanema

e0013620_1395484.jpg
e0013620_140649.jpg


2008
Kai Winding (tb)
Jazz For Playboys
Verve / Universal Music / Jazzclub (Germany)

01. Night Side (02:37)
02. I'm Your Bunny Bossa Nova (02:45)
03. Playboy's Theme (02:37)
04. Watermelon Man (02:53)
05. Laura (02:50)
06. Hatari (02:28)
07. Once I Loved (03:51)
08. Capricious (02:13)
09. We Fell In Love In The Rain (02:36)
10. Days Of Wine And Roses (02:13)
11. A Man And A Woman (02:50)
12. Puddles (02:24)
13. Stella By Starlight (02:23)
14. Hey There (03:35)
15. April Showers (02:40)
16. Recado Bossa Nova (03:51)
17. Pretty Face (02:45)
18. A Time For Love (02:27)
19. Mini-Skirt (03:31)
20. Just For Tonight (01:57)

Personnel
Kai Winding (tb)
Ross Tompkins (p)
Dick Garcia (g)
Russell George (b)
Gus Johnson (d)
録音 1963年2月5日 New York

カイ・ウィンディング (tb) です。
アーティストについて、詳しくありません。

カイ・ウィンディング (tb) の名演奏を集めたCDです。
演奏の録音年は、1962年~1967年です。
この時期は、ボサノヴァ・ブームだったのでしょうか、ボサノヴァ・アレンジが目立ちます。

16. Recado Bossa Nova (03:51)
は、軽めの軽快なアレンジで、カイ・ウィンディングが、気持良く演奏しています。
短めの演奏です。
メロディは、トロンボーン。アドリブは、ギター、ピアノ、トロンボーンと続きます。
[PR]
by christmas1956 | 2009-07-03 00:06 | Recado Bossa